report

最新レポート

SARAYAがおこなっているプロジェクトの最新レポートを「SARAYA EAST AFRICA」がお伝えします。

2015.08.03

サラヤの販売する「Alsoft V」が水際対策として活躍しています。

写真はウガンダで一番大きな国際空港であるエンテベ空港。

Alsoft Vは空港内のあらゆるところで目にすることができます。とくに目立つのは入国管理のデスクの上。今回は到着ロビーにも設置個所を増やし、更に消毒液の使い方を説明したポスターも設置しました。

ウガンダにいらっしゃった際には是非Alsoft Vを使用してみてください。

2015.07.28

【アルコール消毒剤とムスリム】

Gombe Secondary School に手指衛生レクチャーに行ってきました。学校で手指衛生レクチャーを開くのは今回が初めてです。集まってくれた生徒の数は2000人以上。

この学校はイスラム教徒の生徒が通う学校なので、先生からも生徒からも「アルコール消毒剤をイスラム教徒が使っても大丈夫なの?」という質問がよく上がります。日本ではなかなか聞かれない質問ですが、イスラム教徒が多いウガンダでは頻繁に聞かれます。

アルコールを含む薬剤の使用はWorld Muslim Leagueの委員会からも認められており、実際にサウジアラビアの200以上の公立病院ではアルコール消毒剤が使われています。

このように説明しても、もちろん納得してくれる人もしてくれない人もいます。彼らの理解を少しでも高めるべくサラヤ・イースト・アフリカはアルコール消毒の概念をウガンダの一般消費者にも普及しようと日々頑張っています。

2015.07.15

【シャボネットがウガンダに!】

小学校でよく使った緑色の手洗い洗剤...実はあれサラヤの「シャボネット」という製品なのです。

> シャボネットは1956年の誕生から60年以上愛され続けられているロングセラーブランド。感染症が蔓延する戦後間もない日本において、石鹸による手洗い習慣の普及と衛生環境を改善してきた歴史があります。 そして現在、シャボネットは泡タイプになってウガンダの家庭用製品として販売さています。
泡タイプは泡切れが良く、すすぎが早くてぬるぬるしないので節水・時短になります。天然ヤシ油を原料にした植物性石鹸で、手肌にやさしく地球環境にやさしい「いつまでも使いづけられる石鹸」をウガンダの皆さんに提供しています。

現在のウガンダのこどもたちが大人になって学校生活のことを振り返るとき、サラヤの製品が彼らの懐かしい思い出の一つとして残っていればいいなと思う筆者でした。